×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010年夏旅、竜飛岬を目指せ! 〜 ローカル駅、峠・赤岩・早戸を訪問 〜 ◆

東根温泉で疲れを癒した後は、ローカル駅めぐりを楽しみます。
奥羽本線ですが、米沢-福島間は普通列車の本数が極端に少ない区間でもあります。
その区間に、赤岩、板谷、峠、大沢といった旧スイッチバック駅があります。
今回は赤岩と峠を訪問することにしました。
訪問後は郡山で宿泊し、翌朝に会津若松に抜けて只見線を楽しみます。
只見線ではお目当ての温泉、早戸温泉を目指します。

2010年8月14日(土)

東根→米沢 ◆
東根から米沢に向けて進みます。
このあたりはさくらんぼの産地であり、さくらんぼ用の背の高いビニールハウスが目立ちます。
ハウスの中で栽培されている桜の木は、関西では見慣れない光景ですので、すこし驚きました。





茂吉記念館を通過します。





米沢に到着、とりあえず駅そばでも食べます。
手軽に安く食べれる駅そばは、場所によって味付けやトッピングが変わるのでバラエティ豊富です。



米沢→赤岩 ◆
ここから福島までの間は、列車の本数が少ないローカル路線です。
ローカル路線といっても普通列車の設定が少ないだけで、新幹線は多く通過します。
確かにこのあたりは冬には豪雪地帯になり、普段よりも鉄道を利用する人が激減するのでしょう。
それよりも、車を利用するほうが便利ですね。
このような駅では一度下車すると次の列車までの間隔が長く、上下線を駆使しての訪問になります。
午前から夕方まではほとんど列車がないのですが、夕方以降は1〜2時間に列車があるので狙い目です。
まずは赤岩で下車します。



赤岩に到着です。まもなく日も暮れそうです。
新幹線開業前はスイッチバックの駅でしたが、新幹線開業後はスイッチバックが廃止され今の状態になりました。
下車したのは私一人、駅付近には何もなく寂しい感じがしました。
完全に日が暮れると撮影が難しくなるので、先にホームの撮影を済ませます。





日が暮れてから駅ノートを描かせていただきました。
ところでこの駅の待合室の電気ですが、押しボタンのタイマー式です。
駅出口の踏切の辺りに待合室の電気のスイッチがあり、押すとしばらくの間点灯し、やがて消える仕組みです。
駅ノートを描いている途中に突然電気が消え、一瞬にして闇夜に包まれました。





ローカル駅だけあって、他の絵師さまも足跡を残されています。
駅ノート絵師様のイラストとともに記念撮影。



赤岩→峠→福島→郡山(泊) ◆

赤岩より米沢方面の列車に乗車し、峠で下車します。
スノーシェルターの中に駅があり、日中でも薄暗い駅です。
赤岩と同じく、元スイッチバック駅で引込み線の後が今でも残っています。
一部、バラストやレール、だるま型転轍機、そして引込み線の最終部には信号機も残っています。
また「峠の力餅」で有名な駅でもあり、今でも列車の到着に合わせてホームに独特の掛け声とともに売子さんが立たれます。
私が到着したときは時刻が遅く売子さんの姿はなく、残念ながら本店も閉店していました。
駅舎を撮影します。





左奥が引込み線の跡でこの先にホームがあったようです。
もちろんこの先は闇夜で、持っているライトだけでは何が何かわかりません。




ホーム待合室の電気のスイッチです。
赤岩駅のと同じものが峠駅にも設置してありました。



ホームを撮影していると、突然鳴り出した踏切警報と、爆音とともに通過する新幹線。
危険ですので絶対に線路に下りてはいけません。




峠駅を後にし、福島行きの列車に乗車後、福島に向かいます。
通勤路線でもあり、撮影できる雰囲気ではありません。
郡山で宿泊し、翌朝は只見線に乗車する為、会津若松に向かいます。

2010年8月15日(日)
郡山→会津若松 ◆

郡山から会津若松を目指します。
磐梯熱海や猪苗代湖の湖畔を通り、会津若松に抜ける磐越西線です。
途中、中山宿の駅に注目です。
この駅も旧スイッチバックの駅で、その頃いて、に使われていた旧ホームが残っています。



車内から撮影した旧ホームです。
夏草に覆われて、どうなっているのか分かりません。



いくつかの山を越え、猪苗代湖畔を横切り、幕末に有名になった会津藩の地、会津若松に到着です。
磐越西線と只見線、その先西若松から会津鉄道会津線の分岐の駅でもあり、交通の要になっています。





会津若松→会津宮下→早戸 ◆
ここからは、キハ40の只見線の旅になります。
只見線もきわめて本数の少ない路線です。
景色がいいのは当然ですが、周りに何もないローカル駅や、冬季は休業する臨時駅田子倉駅などがあります。
今回はそんなローカル駅のひとつ、早戸駅で下車し、歩いて10分ほどのところにある温泉を訪ねます。



会津西方に到着です。
雨天で増水して川の色がすごく濁っていますが、晴天時はとても綺麗な川です。




会津宮下で列車の交換です。
発車までの間、ホームで一息つく人、駅前の売店に走り何かを買う人、ひたすら駅や車両を撮影する人などさまざまです。




会津宮下を後にし、川沿いを走ります。





只見線の車両には冷房がない為、この時期は扇風機と窓全開で走り抜けます。
そのため、このような写真も撮影できます。



早戸 ◆
早戸駅に到着です。
それまで古い駅舎でしたが、2007年からはコンクリート駅舎になっています。
以前は駅ノートが待合室の中にあったのですが、なくなっていました。
一通り駅を撮影します。







駅ノートがなくなっていたので、自分用のイラストノートにお絵描きです。



ところで、以前に私宛に「駅ノートってどうやって描いてるの?」という質問をいただきました。
いつもは描いている途中の絵を撮影する時間がないのですが、今回はメイキング画像を撮影しました。



大体1時間から、長くて2時間でイラストを描き上げます。
イラストを描いて遊んだ後は、お目当ての早戸温泉に向かいます。

早戸→(徒歩)→早戸温泉つるの湯→(徒歩)→早戸 ◆
早戸温泉へは徒歩10分から15分で到着します。
車道沿いに進み、トンネルをひとつ越えた所にある、源泉掛け流しの温泉です。
一般の入浴のほかに湯治場としても使われており、専用の宿泊棟があります。



新しいトンネルを掘削中です。



トンネルの脇の歩道。蛇に注意です。



早戸温泉つるの湯に到着です。
温泉内は人が多く撮影できませんでしたが、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(旧泉質:含芒硝食塩泉)のお湯で薄い黄土色に濁っています。
温泉水は飲泉にも適しており、泉質の主成分の塩化物イオンの他に硫酸イオンも含まれています。
温泉学の専門的な言葉ですが、硫酸イオンを形成する硫酸ナトリウムとは「芒硝」つまり、下剤の成分によく似ています。
飲泉すると、体内の老廃物を排出する効果があります。

※飲泉はがぶがぶ飲めばいいわけではありません。用法用量が決まっています。
温泉地によって飲んではいけない温泉水もあります。温泉施設の方に確認してください。




お風呂上りにはつるの湯名物のラーメンをいただきます。



川を見ながら食べるラーメンは、最高のひと時です。



天気が回復してきたので、敷地内を散歩します。
川沿いに遊歩道が整備されています。





早戸温泉を十分に楽しんだ後は早戸駅に戻り、旅再開です。




この後、再び只見線を満喫し、宿泊先の長野に向かいます。

鉄道旅行記トップに戻る 前に戻る 次へ進む